スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
残された時間
2006 / 04 / 27 ( Thu )
ara







帰国が5月17日に決まりました。

あと2,3週間しかない。。。

・・・帰るのがさみしすぎて、日本での生活が想像つかなすぎて、帰りたくないってごねてる場合じゃない。。


しかも翌日から結構説明会入れたから(てかその前にスーツやカバン、靴、黒髪にするのは間に合うのかって話やけども)
そっちの準備もしなね。



なんか留学前もちょうどそんな感じやったけど

誰かと、深く関わって、依存したら

離れてそれがなくなったときに

痛くてつらいのがこわいから

浅く広く、交友関係をひろげて

誰に対しても距離を保ってて

一人の相手に関わりを深めないよう避けてた。



今も同じ状況。

気持ちを誰かに集中しないように
分散しなきゃって。

i just dont wana attach to anyone
i have to focus on after comin back japan.

ofcourse, i don wanna spoil my rest of the life here though..


だからって、ここでの残りの生活をおざなりにはしたくないし、
良い思い出をいっぱい作りたいと思ってるよ

とか言ったら





なにも死ぬわけでもあるまいし







・・・まぁたしかにそうやけど。




でもでも、いつ死ぬか分からないこの人生、

日本女児たるもの、いざってときの心構えができてなくてどうする!!


ということで、残りの生活に挑みます。



スポンサーサイト
02 : 39 : 07 | Thinking | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
2006 / 04 / 26 ( Wed )
g




If you tripped
I'd brake your fall
if you cried
I'm here to call

When you lie
I got your back
When you leave
I'll help you pack

If you ran
I'd set you free
if you can't
then just let me

When you laugh
tell me the joke
wont forget
the words you spoke

Just because
you know I care
here for you
I'm always there
08 : 26 : 36 | Learning | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
好きの理由
2006 / 04 / 25 ( Tue )
gun


あたしがここを好きな理由は

いっぱいありすぎて漠然としか分からないけれど

しいて言うなら、人と天気かな。

暖かくて、晴れてて、青い空で。

緑いっぱいあって、建物もきれいで、噴水とか、ひとの多さとかも丁度いいし。


あとは人が好き。

テキサスの人は特にフレンドリーで道ばたとかでも普通に笑いかけたり、声かけたりするし。

気さくで明るくて大らかな感じがすごく好き。


優しいし、基本的にいい人が多い気がする。



まぁ、好きっていうのに理由なんかはないんだけれど。



でも「私の/俺の どこが好き?」というありきたりな質問に


「全部」 と答えるやつは基本的に信用できない。何か受けつけない。




全部と言い放った得意げな顔に、ほんまかよ、となぜか憎々しい思いを抱いてしまう(相手は悪くないのに)ひにくれ者のあたし。



全部っていうなれば、あるようでないようで。

まぁ好きっていうのは何となくで、直感的で、表現しようもないんかもやけど

その理由を述べようと努力しない程度にも受け取れる。


まぁ、要は誠意を感じれないのか、恋愛を客観視しすぎなのか、たんにその恋愛に冷めてるだけなのか、ありきたりすぎる答えなのか、もっとひねった答え返してよっていうことなのかはよく分からないけれど。。





そんな風に皮肉れてるときは棘々してるから

いつも近くに感じれるような気がして好きな友達とのハグも

きょうは特に何か嫌悪感を抱いてしまって


何でこっちの人はほとんど身知らずの、赤の他人と

肌を寄せ合わせにゃならんのだと、

しかも家族にもしないような熱烈な抱擁を、よりによって恋人でもない、見知らぬ男としなければいけないんだと


いつもになく憤りをおぼえて



ちょっと触らんとってよ 

てか触んなや、もうほんま嫌やー

アメリカやからって何でもかんでも触っていいと思うなや、ぼけー

もう近寄らんとって、どっか行ってよ、もう!!!




・・・くらいの勢いで口悪く言ってしまった。
てゆうか直接じゃないけど、あきらかにそれくらい相手もこっちが拒否したのを察したみたいで

すごく驚かれて(とにもかくにも突然だったし)


本当ごめん・・・
もうしないよ


とむっちゃ謝られた。

差し出す手にまたもや警戒心をおぼえてしまい

ダブルで相手を動揺させてしまった。



ごめん・・・そんなつもりじゃ。

ちょっとイライラしてたん。ごめんね。



たぶん人のぬくもりが欲しくなったり

それから逃げ出したくなったり

それを負担に感じたり


支離滅裂なことになってる最近。



うーん、今日買ったお酒を飲もうか就寝にしようか迷い中。。。


















15 : 08 : 03 | Love | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
心の準備
2006 / 04 / 25 ( Tue )
mt




きょうはconnorとスーパーマーケットに買い物に行ったんだけれど
(とゆうかお酒が買いたかった)
彼は100ドル(一万以上)も買い物・・・食料品だけで。


何をそんなに・・・。買いすぎやろ。




コナーが5月の初めにはもうLAに帰るとか言うから
帰ってからスケジュール見たら
後1週間と数日しかないやん、とか思って

むっちゃ何かさみしくなった。


コナーのアパートとかも、もうここに来ることもないんかもって思うし

去年の今頃、大学のクラス一緒で仲良くなったんだとか
改めて思い返して、この一年なんか濃かったなって。



最初の頃とか本当お世話になったし
何かちょっとしたこと一緒にして楽しかったなぁって。


今年に入ってからは、彼が日本語の授業とらなくなったから

会う回数とかも減って、あんまりhang outしなくなっちゃったけど。






 「帰るまでに遊びにこうよ」って


最近使うようになったセリフ。

いろんな友達と

そうゆう会話をかわすけど


きょうのその言葉はすごく重くて。。




たぶん早く帰ってからのことを

ここを離れて、まわりの友達とも離れて

全然違う世界の中で生活することを

早くちゃんと心の中で準備しておかないと



それが現実になったときに、たぶん気持ちが準備できてないと

対処できなくて コントロールきかなくなるから

悲しみとか辛さが どうしようもなくなって抜け出せなくなる前に

早く切り替えをしなだめって 常に最近言い聞かせてる。





 どうして最近連絡くれないの?i just miss you

みたいなことを言ったら


最近またマリファナ吸ってるからって言われた。



・・?吸ってたらあたしのこと忘れるわけ?


i... foget about everything






あーあ。何だよ、それ。



14 : 33 : 52 | Thinking | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
Relay for Life
2006 / 04 / 25 ( Tue )

h


先週の金土に、Relay for Lifeという

癌の人を応援するプログラムがキャンパス内でありました。

夜の7時から朝の7時まで
キャンパスの一角をリレーする(実際にはwalking)

そして寄付を募り、ガンの人々を支援するというもの。

たぶん、どこの市や州、大学でもある毎年行われるプログラムで

あたしのsororityも参加することに。

dd



みんな野外でテントやソファーでゆったりしたり
バーベキュウやピザを食べたり。
あたしのsororityはかき氷を売ったりして。

開会式、閉会式の他に、野外コンサートがあったり楽しめるようになってあった。



ボランティア精神が多いのがアメリカのいいところだと私は思う。

日本みたいに堅張ってないし、
気軽に楽しく、日常にそうゆうのが組み込まれてる気がする。



それは心のゆとりと、アメリカの大らかさなのかもしれない。
11 : 00 : 34 | Diary | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
開けてびっくり
2006 / 04 / 25 ( Tue )
i


アメリカ人やからか、万国共通なのか分からないけれど


寮のせいか、部屋の汚さは尋常じゃない。


いつのものか不明な食べ物や服や下着が散乱しまくり。

テキストは普通に地べたに置いてあるし


服やパソコンがベッドの上に無造作に置かれたまま


どうやって睡眠をとるんだろうと

長年謎だったけれど。

ついこの間解明。。






気にせず寝る。。
そのまま、ぐっすり。


これを目にしたときは

自分のルームメイトのきれい好きさに

なおいっそう有難味を覚えました。




10 : 50 : 50 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Body Building
2006 / 04 / 25 ( Tue )
bb


ボディビルディングのコンペがありました。

ボディビルといえば・・・

アーノルドシュワルツネッガーしか思い浮かばない・・・



たしか受験時、彼の生い立ち等から今に至るまで(オーストリア出身?でどうやって支持を得て今の地位を勝ち取ったか)を英文で読んだっきりな気が。。



まぁともかく、body buildingなんてかけ離れた世界だったんだけれども
日本ではまず見ることはないだろうよ、ということで

この機会に、と大学主催のコンペを見に行った。




驚愕。。。



この一言につきる。

何であんなに日焼けしてるの・・・?
体が・・・筋肉が・・・


えーーー!!!!

信じれん。


で、音楽に合わせてポージング。




・・・おもしろい。

観客もキャーキャー盛り上がりまくり。



最初はどんびきしてた友達らも

最後には手をたたいて

楽しんで見れた。

bd



connorの友達、Keanっていう子が優勝したんだけど


ショーの後、じかで会ってみてびっくり。

ボディビルディングの仕組みがどうなってるのかは

あたしには分からないんだけれど


プロテインとかはそれは毎日飲んでるんだろうけれど

そのときは本当真っ黒に日焼けしたみたいになってて

いつもは細身マッチョくらいなのに

筋肉の盛り上がりもすごくて(たぶん直前までにダンベルとかで体を作り上げる?+薬?)

オイル塗ってるから、ハグはできなかったけど

何かすごい世界を見た気がした。


チョースゲー・・・・



日本にもあるのかも知れないけれど

一生に一度の体験でした。

今年は女の人のはなくてちょっと残念だったけど。。
10 : 41 : 41 | Diary | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
未知数
2006 / 04 / 22 ( Sat )
hana


誰でもいいってわけじゃない。



けど、自分の知らない誰かに、未知なる世界に、



強く引き寄せてくれたらいいのにって、




どっかで思ってる。





もし知ってる誰かだったら



気持ちが計れるから



現実味を帯びてしまったら、もうだめ。




相手の気持ちも、自分の気持ちも




どっちもが同じくらい大きくないと。





そんなことなんて、夢物語なんじゃないの?って



どこかで分かってるから



知らない何かに



すがりたくて。






気持ちが、痛いほど分かるとき



お互いが ぜったい満足なんかできなくて



いくら肌を寄せ合って



体を合わしたとしたって





求めてるものが違いすぎたら、



お互いが苦痛に感じる。




重すぎる気持ちと



それに答えれられない気持ち




ぜったいそれは 



不合理としか言いようがなくて。




世の中そんなうまくはいかないとはいうけれど





もう少しうまくいってもいいんじゃないかと思ったり。





人の運命、人とのつながりでしかないなら




もっと需要と供給の一致が、効率的に行われればいいのに。




それとも、もっと視点を変えるべき?




その紆余曲説が、人生の醍醐味かもしれないけれど




それを享受するには、まだまだ人間としての幅が足りないように思う。




14 : 34 : 50 | Myself | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
TOY
2006 / 04 / 22 ( Sat )
 
kao




 Our childhoods are the basis of our lives and it influences us very importantly. I think toys, which we played in our childhoods, affect so much as adults.

 I think it is good for children to play with toys that make sounds or songs. For example, musical instruments are good stuff because we usually can get a sense for music from our early age. After that, it is more difficult to get a sense of rhythm or pitch. If we listen to all kinds of music a lot, it makes us enrich our minds. It can heal children’s mind and they might become calm and kind. Children have a very sensitive auditory system so many toys should have functions that make sounds or songs. If toys make sounds, children can feel familiar with toys and it is memorable. They tend to be more attached with toys. They also learn how to improvise their own music. Sometimes they just enjoy humming or making funny sounds. It helps them to develop an ear for music and imagination. I think it makes their life enjoyable.

 
 I also think playing outside is better for kids. Playing sports, riding bicycles or just running at park is good for their health and mentalities. We can get a mental stability and learn how to communicate with the other people face to face. We can reflect in nature. It also improves our muscle development because we are running around and playing with other kids. For instance, hide and seek (KAKURENBO) or tag (we call it ONIGOKKO in Japan) are good for children. Kids play house (MAMAGOTO) are beneficial because all these games involve interactions with others so they can learn how to behave. But video games don’t have same experience.


 If children are in an environment that they spend much time watching television or playing with video games, sometimes it is not healthy. I know they are so much fun and really exciting things so we usually spend too much time and money on them. It is easy to play by themselves and we tend to be addicted to it but it also hinders social development.

 Children should learn to engage in a real human relationship. After maturing, in some cases, people still attach to the virtual world. Most of the time, they know it is created things and think it is separate from the real world but sometimes they don’t think it is unreal and mix it up. It can be dangerous. Violent video games can lead to violent actions. Some tend to lock themselves up and don’t open their mind to the other people. Some prefer violence or fighting video games, and that can make them violent.


 It is mostly boys who play video games. This is because boys want to be strong and in control, dominate everything. Girls are different. They prefer dolls or more homely things. I think one of the reasons is that girls and boys have different roles in our society. In the future, girls will give birth and then they will take care of their children and support their home. Boys will work and support their family. Some men go into the military. It may be because of the toys they get when they are children.


 Toys shouldn’t be different between genders. Girls should be play with whatever toys they want to. I think so should boys. I think musical or artistic things, playing outside are good for kids because both genders can enjoy them.


14 : 25 : 58 | Thinking | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
言葉にすると
2006 / 04 / 21 ( Fri )
aka


最近は何か安定してたから。

突然不意に不安定に陥りそうで。。。



原因は分かっているけど、どうしようもなくて。




やだ。何かやだ。




他の何かでは絶対代替できなくて

求めてるものじゃないと、頭じゃなくて心が満足できなくて。



何でそれにこだわるの?って

自問自答しても、客観的に観ようとしても


心のどっかが言うこときかない。



何であたしの中にそんなに入ってくるの?

何でそんな乱雑に掻き回すの?



そんなにのめり込まないで。

幻想を造り上げないで。

真実が知りたいって軽く言わないで。


どんどん本当の自分からかけ離れるから。

あたしはそんなのじゃない。



すべてを説明しきれないのは

自分のため?相手のため?



相手を傷つけたくないのと

自分を守るため。




そんな風に私を見ないで。

そんな風に私を呼ばないで。



まったく逆の立場も

痛いほど分かるから

なおさらguilty







きょうは一人酒盛りだな。。
15 : 35 : 23 | Myself | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
イースター☆4/16
2006 / 04 / 19 ( Wed )
usa




この前の日曜はイースター☆
とゆうことで、かどうかは分からないけれど

念願の?キューバ料理屋さんにつれてってもらい、

夜は友人宅に招かれ、ディナーをごちそうになりました。


Nicci familyとkaty、satoko、あとはトルコ人の夫婦(ふつうに学生やけど)みんなで楽しく過ごせました。

トルコの結婚式っておもしろい。
週末にお互いの家が一日ずつパーティを開いて、何百人もの親戚や友人で盛大にお祝い。

結婚の許しを得るための貢ぎ物?みたいなのもいまだに伝統的にあるみたいだし。


トルコは大学で勉強したくても
試験に通って大学に行けるのはわずか10%なのだとか。

トルコの大学は授業料はかからないのだそうだけれど

やっぱり狭き門。。

アメリカなどに留学、移住っていうケースが多いのも分かる気が。
だいたい、エンジニア中心の理科系がほとんど。

選ぶ余地がないんだよって。

たしかにアメリカ人がPhDで物理や化学なんかやりたいって言う人はなかなかいないもんね。




日本の大学生を考えたら、本当ぬるま湯な感じだなぁ・・・




g

15 : 05 : 00 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大好物
2006 / 04 / 17 ( Mon )
aka



またもややってしまった
ベビーハンティング?


赤ちゃんかわいい・・・
こども産みたい・・・


f


きょうは冬休みお世話になった友達family家プレーノに遊びに行って、ママと久しぶりにしゃべった☆

みんなでギリシャ料理屋さんに♪

むっちゃおいしい!!

最近食べ物のことばっかり書いてるような・・・





その後ラテン系ダンスを教えてもらったり、写真みたり☆☆

おみやげに持ってった月桂冠の日本酒やギリシャのOUZOというお酒を飲んだりして。ウゾはかんなりきついお酒・・・においだけでやられました。

日帰りの予定が、みんなに引き留められお泊まりして、朝帰ってきました。



ia

02 : 27 : 10 | Favorite | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
日本料理
2006 / 04 / 17 ( Mon )
kya



友人がcrescent court hotelのNOBUという日本料理屋さんにつれてってくれた。

生蛸がむっちゃおいしい!!
鯵(あじ)や鰆(さわら)・・・・魚の漢字全くわかりません。


日本人失格だね。


いくらは大好きでいつも食べるんだけれど
今回は白子がなかったので、あんきもを頼んだらそれにはまって・・・むっちゃ病みつきになりそう。。


ウニの海苔巻き天ぷらもおいしかった。


あとはトロを食べたんだけれど、
板前さんが1オーダー○○ドルになりますってぼそって(絶対ぼそって言った気が・・・)言うのが直前に聞こえて



・・・

え・・・・この一口で・・・2千円?



ぁわわわわ。

正直お金のことで頭いっぱいだったでよ。
おっかねぇ。。



いっぱい堪能してふたりで3万ちょっと。。


えー・・・


うーん、目が飛びでるかと思ったよ。

消費税やチップ(15%)だけで十分食事できるんですけど。


ってなことを頭によぎった。

そんなことを言ってたらせっかくのリッチな気分が台無しじゃね。。








大学の食堂生活のあたしにとっては
だいぶ日常からかけ離れた食事。。


もうすぐ授業も終わるし、一年間お疲れさまということで
ちょっと早いけどお祝いしてくれた。


むっちゃありがとう。

いっぱい満喫できてよかった☆☆





02 : 20 : 05 | Diary | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ピクニック☆4/15
2006 / 04 / 17 ( Mon )
ff




きょうはGOOD FRIDAYということで祝日
植物園みたいな大きな公園にピクニック☆☆

気温は30℃以上あったからみんなビーチ気分♪
white rock lakeの大きな湖がすぐそばにあってむっちゃきれい♪

家族連れが多くて、ウェディングドレスを来た女の人もちらほらいて、景色も良いし、のんびりまったり





ピアノ演奏聴きながら
芝生の上で手作りのサンドイッチたべて
お昼寝。。。☆

うーん、自然とは素晴らしい・・・


しみじみそう思いながら。




s




その後は友達の家にice creamパーティがあったので行くことに。
手作りアイスいっぱい!!

ストロベリーやチョコミント、がおいしかった♪

ひとつmystery meet specialっていうのがあって
ベーコンやらハンバーグが入ったアイスをおもしろ半分に作ってて

ミステリーな感じでした・・・笑


もう狭い部屋に人いっぱいすぎ!!
でもいろんな人としゃべれてよかった。

 happy Easter :)
02 : 01 : 38 | Diary | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
8ヶ月きねんび☆4/12
2006 / 04 / 13 ( Thu )
ss


もうダラスに来て8ヶ月、残すところ1ヶ月となってしまいました。

早いような、長いような。。。


だって冬休みや、前の学期のこと、日本の生活なんか思い出せんくらい昔の事のような気が・・・(注:あたしは特にメモリーのキャパシティが少ないようだ)




そろそろ荷物つめたり、帰りの飛行機のチケットとったりしなきゃね。。


それはそうと、きょうはタイ風カレーを友達とつくってごはん♪



1,オイルしいてガーリック炒める
2,牛肉を平らにたたいてカット、塩こしょう、炒める
3,水とカレールーらしきソース(これ詳細不明)
4,squid souce(オイスターソースなら分かるけど、イカソースって何?って思ったけどポン酢みたいなやつ)
5,お好みでコリアンの赤い調味料とブラックペパー
6,野菜類(スナップエンドウ、ブロッコリー、ズッキーニ等数種類の冷凍野菜)
7,コンスターチ小さじ2杯
8,弱火で時間かけて煮込む


タイ米にかけて完成☆

インドカレーよりも癖がなくて
むっちゃおいしい!!


デザートはグレープフルーツとクランベリーのジュースをミックスして、ラズベリーとかブルーベリー、イチゴの冷凍されたやつを一緒にしてミキサーにかけたスムージー。


良かったー☆むっちゃ満足。。

これは日本帰ってもやりたいなぁ。。。
11 : 47 : 38 | Diary | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
流しそうめん☆4/11
2006 / 04 / 13 ( Thu )
somen



突然思い立った友人の一言で流しそうめん(普通のそうめん+水の入ったボウルで手動でかき混ぜる様式)を。



そうめん、茶そば、めんつゆ、刻み海苔、ネギ、生姜、錦糸卵、キュウリ、ベーコン・・・・・




もう最高!!!

日本料理おいしすぎ。

その後はじめてDDRして、夜遅くまで話こみました。


トリプルAの会は癒されまくり・・・・


11 : 34 : 49 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チャプター☆4/10
2006 / 04 / 13 ( Thu )
yay


きょうはソロリティのチャプターがあって
新しく入った子達が歴代の人と一人ひとり mom&daughterの関係になる人が正式に決まって、

あたしはvaleriaが sorority momになった☆
それでいっぱいプレゼントをもらった☆yay☆

ぜんぶソロリティ・カラーのピンクとパープル。
むっちゃかわいい!!

で、あとはazuのシンボルだよ、とかいって
蝶々のついたカバンをくれた。

これからもずっと羽ばたけるようにって。



これは前、小悪魔になる本を友達にもらって
その本の話でvaleriaと盛り上がってて

butterflyは日本語でチョウチョって言うんだよ

っていったらすごくチョウチョって言う名前を気に入ってて。



そんな話をしたのを覚えててくれて彼女はあたしにプレゼントしてくれた。3つも年下だけど、同じ寮で部屋も近い彼女に面倒見てもらってて。

何かお返ししたいなぁ。。



その後、SPO(アジアンのソロリティ)の子らと一緒にピザ屋さんでごはん♪♪たのしかった。



mina

11 : 28 : 57 | Diary | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
鼻歌まじりの☆4/9
2006 / 04 / 13 ( Thu )
s

週末は友達がカラオケに行こうというのでついてくことに。
カラオケはこっちへきて二回目なんだけど

日本人以外のひとと行くのは初めて。
友人はもちろん英語の曲しか歌わないから
あたしも・・・とか思いつつも、全く曲名や歌手名覚えておらず

結局日本の曲を歌う。

最初は気を使ってアメリカでも知ってるであろう

宇多田ヒカルとかを歌ってみたものの

カラオケでのノリがいまいち日本と違うので

好きに歌うことに。

日本語で分からないのをいいことに

昔の曲、山口百恵やテレサテン、演歌とかを選曲。





・・・・まぁ言葉は分からなくても

おどろおどろしい雰囲気は伝わる。

津軽海峡冬景色に心奪われて・・・


ふと相手を見たときには・・・・


oh...cool の一言で片づけられて。


君は歌手になるといいよ、とありきたりな社交辞令、苦笑しつつ言われる。






・・・・・・


・・・無難にしとけばよかった・・・。力入りすぎたか。



とりあえず、1時間半でメロンとコリアンのジンみたいなの頼んで

60ドル・・・6000円以上。


た、高い・・・・。


その後honey drewのタピオカミルクティを飲みに♪♪

アボカドのバブルティ!これは初!!

おもしろい味やからぜひためしてみて!!!!!!




11 : 17 : 40 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教訓
2006 / 04 / 13 ( Thu )

as




10 commandments

1. I always shall appreciate everything
2. I always shall be kind
3. I always shall be patient
4. I always shall be cherish my family and friends
5. I always shall be make efforts
6. I always shall be show myself as I am
7. I always shall not be selfish
8. I always shall not spoil myself
9. I always shall not cheat myself
10. I always shall be confident

10 : 50 : 54 | Learning | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イノセント
2006 / 04 / 10 ( Mon )
e




こっちではよくある。。

普通に18,19歳に間違われるアジア人。


顔も区別できないんじゃ、年も分かるまい、とは思うけれど


ちょっと「ううん、二十歳」と意味のない嘘をついてみたりするものの


under ageや、ましてやティーンズと名乗るには
少々身の退ける年に突入しきってしまった。



「You look so young. I thought you are 18 or 19.」

「...cuz im an Asian girl?」


「no. cuz you look innocent.」


「... ?!」


イノセント?=無邪気、罪のない、潔白、純潔、無垢、天真爛漫




ええ、あまりにも重すぎる言葉。




その言葉を聞き流すにはあまりにも良心が



チクチクチクチク・・・・


痛んだので

im not innocent.


あたしはイノセントじゃないよ
18,19の時はそうだったようなそうでないような
でも22,23にもなってそれは場違いかね

ってことを伝えたら




「.... was he cute?」




ええーーーーー!!!!!!!
he?!

なぜか知らんまに

im not innocent = im not pure, clean, virgin
= im a dirty, nasty girl

みたいな反純潔宣言みたいなのを

高らかにしたことになってるの・・・?

he=私をイノセントじゃなくした人物



そのイノセント否定の一言で、何か「あたしも汚れてしまった女なんです」
的な告白を大胆にしてしまったことになってるの?!?!


言われた方もびっくりだろうけれど、こっちの方がもっとびっくりだよ。


SUCH A NASTY GIRL!

的な笑いを浮かべられ、
その後のフォローも耳に入らず。


「大丈夫、そんな君でも」





えええ!!!ってもうあたしは身も心も汚れてしまった女扱いですか?!





だってイノセントって言えば

大人社会や、お金とかの汚い部分を知らない、世間知らずとかいう意味だと思っていたから、


まぁまだ社会に出たわけではないし、学生で、たぶん世の中の汚い部分を頭のなかでは理解しているけれど、実体験で身を持っては知らない部分も多いんだと思っていた。





だから世間を分かっているようで、まだ全然分かっていないんじゃないかと思うこの頃。



だからって
あたし純情だから、だなんて頬を赤らめて上目遣いで言うような非常識なことだけはしないという最低限のマナーだけは弁えていたつもりなのに。。


日本的に、「そんなことないよー」って言っただけやん。それがもう!!とんだ会話に発展したもんだ。



きょうは年の差よりも、絶対的な何かの距離を感じてしまいました。



01 : 13 : 59 | Myself | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
生と死
2006 / 04 / 09 ( Sun )
A



Death and Life


I think Japanese people don’t think about religion so much. Especially for most of young people, it is meaningless. I think one of the reasons is that we are wealthy. I mean we have enough money to live an ordinary life and don’t worry about poverty or hunger. We can live in a good house, have cars, eat every meal, watch TV, sleep in a bed, use as much water and electricity, and so on. We usually don’t notice how rich our lives are.

In Japanese religion, there are many Gods in earth. I think they don’t have human shape and they are spirited out everywhere. They are in the sky, trees, mountain, river, sea, stone, fire, or so on. We can’t see them but we can feel their spiritual presences. Japanese religion is not so strict and many people don’t pray or do anything. We just go to temples at New years day and the Bon festival (it is around August 12-15) a Buddhist monk comes to our house to pray together and have a conversation. We sometimes pray for an ancestor but not a lot of times. So some Japanese people tend to think they don’t have religion but they just go to temples for sightseeing or just pray to follow Japanese custom. So we usually don’t have an opportunity to think about Gods or our lives and we don’t talk about it so much.


However, if we are faced with something wrong or a bad situation, we must rethink our lives. If our parents or close friends die, or if some terrible things happen, we might realize how weak we are. We sometimes can’t control our minds and we are helpless. If our lives are materially rich, it doesn’t mean that our lives are content in mental sides.

What is my life? Why am I living? Why are bad things happening to me? What is the purpose of life for me? Are there any Gods? Do I believe them? Bad things make us think many things about ourselves. If I lost an important person, it would be so painful and I couldn’t live life as usual. I think people usually don’t need to think about their lives or what is going on in the world, and don’t notice that we enjoy a happy life.

Some may think that considering thought about after death or existence of Gods is kind of ridiculous and not cool. I know it is a very difficult, heavy, and complicated issue but if everyone doesn’t think about it, that is unhealthy. Everyone need to do it at that certain time.

I think if someone does good things, later he/she can get good things. If they help somebody, in the future someone may help them. On the other hand, if they do wrong things, for example they cheat someone or steal something, later something bad will happen to them. I don’t know we measure our happiness or not, but I believe that we should keep doing good things. There is no limit enough to do good things but we should not be lazy about it.


Christians say that everyone has sin by nature. I think the real reason is that we have our instincts and desires, and we can’t control them. We want to eat, have sex, have a reputation, and get money. We tend to be selfish and rude if we act, as we want to do. So we have to warn by ourselves not to do so.


We are afraid of dying. I don’t know why, but I guess that is because we don’t know what will happen after we die. It might be painful and terrible. It might be nothing. I afraid there will be no evidence that I lived in the world, and people will forget about me. I don’t know if there is any heaven or hell or the other new world after finishing our lives but I just think no matter what religion we believe, we should think about our lives and do as much as we can. Live without regret of what we are doing. The important thing is to be confident in ourselves and at the same time we should appreciate life.
05 : 35 : 06 | Learning | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ころっけ☆4/8
2006 / 04 / 09 ( Sun )
s




あなた自身を何でも良いので何かに例えて簡潔に表現しなさい
例、変化自在の水、大空を舞う飛行機、太陽に向かうひまわり、
またその理由を説明しなさい絵、イラスト、写真を用いても良い(全部で9行)


ってゆうエントリーの内容を考え

自分で書いてて、つっこみをいれつつ

きょうはnicciとお昼お茶しながら語り合い、


その後夜ゴハンしようと言っていた友達からは連絡来ず

7人くらいに電話をかけまくったのに

誰も相手にしてもらえず。。

何なんだあたし。


ルームメイトも実家に帰り


カフェテリアで食べるあれも、外へ出向く元気もなく


一人でふて寝してたら、


友達がmessengerで声を掛けてきた。


それでなぜかその子ん家でクッキングをしようということになり


あたしは前から作りたかったコロッケを。





基本的にジャガイモ料理つくるのだいすき。

芋いもイモ・・!!

肉じゃが、シチュー、ポテトグラタン、ポテトサラダ・・・


ということで久しぶりの料理に時間かけまくりで

(ポテト大きすぎてなかなか火通らず)

GRAND BEEF(挽肉)かと思いきや、全然違う種類のお肉だったり

ソースないから、ケチャップとSOYソースと中華風調味料混ぜてみたり

キャベツが欲しかったのに芯しか残ってなかったのを無理矢理付け足してみたり。


そんなこんなで、無事食事を終え、AMERICAN PIE2の映画を観て、そのままそこで寝ちゃって朝帰ってきました。


朝から寮の友達に会い、シャワー浴びて寝たいのに・・・と思いつつもジムに誘われ、朝から汗を流しました。


うんー。健康的になってきた。
more...
05 : 31 : 16 | Favorite | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界各国料理
2006 / 04 / 06 ( Thu )

michaelがタイ料理をよく作ってくれるんだけれど
むっちゃおいしい。。

きょうはタイ米炊いて、チキンと野菜を炒めて・・・うーむ美味。
そしてスパイシー。

帰りにストロベリーシェイクを買いに行って、その後ぶらぶらお散歩。帰ってきたら夜の九時。

二時間歩きっぱなし・・・靴づれするかと思った。
話に盛り上がりすぎ。

tai



前にルームメイトがベトナム料理屋さんに連れてってくれた。

ベトナムといえば、生春巻きか、フォー(ヌードル)くらいしか思いつかなかったけれど、Hiepに本場ベトナム料理を紹介してもらった。

ベトナムのパンケーキ(日本で言うお好み焼きみたいな?)とか

生春巻きの生地のライスペーパーをシュウマイみたいに蒸したやつとか☆アジア料理最高だわ。

bt


bbt2




そして昨日いったインド料理屋さん。

なぜかつくねみたいな中に蜜柑が入ってた・・・

でもナンもむっちゃおいしい!!はまりそう。
ind



帰るまでにエチオピアとかキューバ料理を食べに行きたい。。

うーむ、それにしても財政難。。
14 : 04 : 56 | Favorite | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
キッズ・ウォッチング
2006 / 04 / 05 ( Wed )
kids


赤ちゃんがほしい。


かわいいのぉ・・・




kf



盗撮。。



さらっていかないのはギリギリの理性か?

やばい。あたし。


でも赤ちゃんのかわいさの方がもっとやばい。



c


いやーーーーー


こどもほしいなぁ・・・・


就職、結婚、出産、

・・・・夢のような、また当たり前であるべき姿のような未来像。



自分の将来に向けて。



今の時を一生懸命。

15 : 09 : 14 | Favorite | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
魚の欠伸☆4/4
2006 / 04 / 05 ( Wed )
s


きょうは清教のさおりが来てくれて9日間の滞在の最終日なので、あすかちゃんとダラスdowntownの水族館に行って来ました☆


mana


テキサスサイズか、マナティかわいすぎる・・・

gg


癒されまくり・・・

kame


亀・・・



ee


草みたいなタツノオトシゴ?

de


ヒトデ


jaga


海の動物だけかと思いきや

ジャガーがいたり、ぺんぎん、フラミンゴ、うさぎ、コウモリ、へび、蜘蛛、オウム・・・



kura



くらげ見てると神秘的・・・


世界、地球のはじまり。

生命誕生か。。




それを語りだしたらきりがないので。



sa




その後ギャラリアに買い物に行き、インド料理をたべにいきました。

きょうは本当楽しかった!!!!


水族館だいすき。


ぜったいあなどれん。

こんなすごいものはない!!!

ダウンタウンの中にあるのに、あんまりみんなが行くようなとこじゃないけれど、だいぶ癒される場所。


感動。



スキューバダイビングがまたしたいなぁ。




もっと写真をいっぱい↓にupしました☆

http://spaces.msn.com/azuresea777/


14 : 50 : 20 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サマータイム☆4/2
2006 / 04 / 03 ( Mon )

hana




◆サマータイム
4月の第一日曜(4/2)からサマータイムとなり、一時間早めることに。

きのうはconnorが来週から突然LAに行くから、もう会えないとか言う電話が来て、本気びっくりして叫んでしまった。


笑いながらエイプリルフールだよ、と後になって言われたものの、本気でびっくりしたのでどうしようかと思った。すぐ信じるからだましがいがある、とからかわれたものの、実際来月にはバイバイしないといけないと思ったらかなり悲しかったり。。


夏だって日本来るけど東京にしか行かないよ、とか言うし。
あーあ、がっかり。

◆ SORORITYについて
 日本でのサークルやクラブみたいなのがない変わりにアメリカではsororityやfraternityというグループがたくさん。。

あたしはSigma Lambda Gamma というラテン系のmulticulturalなsororityに入って、最初面接があり、それに通るとInitiation(儀式みたいなもの)がありました。その儀式は、真っ暗な部屋の中に目を閉じたまま入り、sisterたちは黒っぽい衣装を着てキャンドルを持って、セリフを言ったりして儀式を終えた後、ハグしてもらいSisterと認められる。

具体的には週1でmeetingがあったり、勉強や食事を一緒にしたり、partyをしたり。Sororityのhistoryやpurposeを暗唱しなければならなかったり、sisterのプロフィールや設立者を覚えたり、規則が色々決まっている。


曜日ごとに服が決まっていたり(月曜はbusiness casual、火曜はsmuのTシャツ、水曜はsororityのグループカラーのピンクとパープルと言った風に)


でも自分の好きな服を着たいので実はあんまりルール守っていない・・・。Initiationでもらったリボンをつけないといけなかったり、ボランティアや勉強時間が週何時間かとか決められていたり、ドラッグや煙草、お昼からの飲酒はいけなかったりと様々です。sisterの中からgamma motherというのを4人選び、親子関係を結び、1セメスタ後、それを乗り越えた人が選ばれ、正式にメンバーとして認められる。


Sororityやfraternityによっては入る人が限られていたり(白人でお金に余裕のある人等)一学期数十万もするところや、共同生活をしたり、規律が厳しいところが多い。



誰もふつう留学生は入らないsororityだけど、食わず嫌いするのもいやだったし、残りの留学生活を通じてアメリカでの事をもっと知りたかったっていうのがあったから、チャンスがあったので参加してみた。


いままでに知り合えなかった様な子とも仲良くなる機会ができて、貴重な体験になったと思う。
14 : 54 : 57 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
遊園地☆4/1
2006 / 04 / 02 ( Sun )
中高一緒のさおりが3/27から日本から遊びに来てくれてるので、きょうはみんなでsix flagsという遊園地へ☆☆

絶叫系遊園地。
久しぶりに乗ったジェットコースターは本当に日本ではありえないくらいこわくてびっくりした。


ff


12人乗りの大きなボートで(通称:どんぶらこっこ)思いがけず水浸し。。


ss


足がくたくたになるまで乗りまくり。
最初は雨とか心配してたけど、晴れてあったかくなってきて良かった。

hh



夜はコリアンでBBQ。
いっぱい堪能できて本当幸せだ。
16 : 06 : 00 | Diary | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ピンクな一日☆3/31
2006 / 04 / 02 ( Sun )
club


最近入ったsororityのピンク・パジャマ・パーティがありました。



とりあえずみんなピンク色のパジャマ着て、ピンク色のクッキーやケーキ用意して、ピンクのジュース飲んで、ピンクのフラフープして、ピンクな話をして・・・という趣旨なのかどうかは定かではないけれど、とりえあずピンクぴんくピンクに染まりまくるparty


ppp


着色料たっぷりのクッキーやジュースたちに囲まれ

pp


p


ピンクのパンツやフラフープ対決で盛り上がる。


あとは自分box紹介というので自分に関連したことや自分を表すものを箱につめて、プレゼン。写真やお気に入りのものを紹介。


あたしはあんまり思いつかなかったからプリクラを見せてみた。
摩訶不思議なものを見るような目で

oh thats cool とか言われたけど。たぶんこっちの文化では全然想像もつかなさそう。


bx



その後はayra,aska,saori,cindyの5人でストリップLa Bareに。

カウボーイやスーツ、軍隊、牢獄スタイル、いろんなdancerがショーを繰り広げるので目まぐるしくすぎた夜。一ドル札を胸に抱え、叫びまくり。のど痛いくらい。。いろいろ意匠が凝らしてあってすごくおもしろかった。



何はともあれ、刺激的。。

この一言につきる。

最後までピンクな夜となりました。

15 : 51 : 51 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
社交辞令
2006 / 04 / 01 ( Sat )
ten



アメリカは誉める文化である。

you're so cute
you're special
you look pretty

かわいい、キレイだね

特別だよ

君は今まで出会った中で一番○○だよ



とりあえず決まり文句か挨拶代わりに誉める。


とにもかくにも誉めまくる。



君がいないと僕は一体どうしたらいいんだ

君がすべて



社交辞令だとは分かっているけれど、

そこまで言うか。。





本心はどう思ってるにしたって、そうゆうひとときを生み出すことを苦としない。




・・・日本語にすると変な感じ。。

黙して語らずの日本男児の理想像とは正反対だけれど

どちらがいいのかは分からないけれど


社会に出て、世の中うまく渡って行くならばお世辞のひとつやふたつは必要不可欠な気がする。


たぶんそうゆう会話を義務からではなく心底楽しんでいる感じ。





ある意味欲求に素直で隠さないし
悪びれもしない。茶目っ気があるような。


裏がないというか、変に隠そうとするアジアの文化よりは

ある意味健全で歪みがないのかも知れない。



amerikanが考えるに
日本人男性は

女の子としゃべりたい→でもシャイで勇気がないからしゃべりかけれない→本当は女の子と接したいのに興味ないふりをする→ただ見てるだけ→女の子の接し方、扱い方が下手、未熟


あたしはそれは違うよ、と反論策をねったものの
それは文化の違い、とだけで話を片づけるにはちょっと日本人の面目が立たなかったので


アメリカ人は女の子の尻ばっかりを追いかけてる気の浮ついた不品行な輩だよ、的なことを言ってみたら


what?男が女を求めるのは自然の摂理じゃないか。
それと同様に女も男を求めている。
日本人はそうゆう感情を自然に表現できないから、ひがんでるだけだろう。


確かに。それも一理あるのかも。
欲望を押し殺す文化はもちろんそれを美とするプラスの点もあるし、逆から見ればマイナス要素にもなるし。


とりあえず色んな事を考えさせられました。。




i miss you, girl.
what's up, baby.



社交辞令とは分かっているのものの
他の言葉は記憶にも残らないくらい聞き流してるけれど


なぜかgirlと呼ばれるとすごくうれしい。


無条件に反応してしまうあたし。


単純。





04 : 43 : 11 | Love | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。