スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
サファリ♡
2006 / 10 / 30 ( Mon )

sai




今週末は卒論もほったらかしで
遊びほうけてしまった。

jazzサークルの後輩と飲みにいって
彼の武勇伝を聞いて驚かされたり

ともことよしむねと中之島公園のバラ園に行って
その後カフェで語り合ったり
(久しぶりのウォーキング楽しかった♡)


さゆり、まい、どうちゃん、ちはるちゃん、ぜみ長と
久しぶりにごはんして、
ぜみ長のフランス滞在記や就活の話、
携帯、電話の返事の早さや、相手の携帯チェック、結婚、、、
といった話まで いっぱい聞けて良かった♪♪

そして日曜は速攻で決めた 姫路セントラルパークに。
高速のったら意外と早く行けてびっくり。

車でサファリの中を散策!!!
ライオン、トラ、サイ、カバ、キリン、らくだ。。。

ばりかわいすぎ!!!!!!

あとで車降りて、ふれあい公園で犬やモルモットやうさぎやインコさわったり、羊追いかけ回したり

ウォーキングサファリでは2mくらいあるクマと会話?したり
小さい頃にはなかったゴンドラにのったり。


その後、遊園地でジェットコースター乗ったり、空中サーカス見て、
帰りは神戸のモザイクいって、ブラジリアンBBQに行った。

行ったことある人も多いと思うけど、お客さんも店員さんも半分以上が
外国の人で、陽気なポルトガル語でにぎわってて、その雰囲気に圧倒された。

ダラス帰る直前のトリプルAの会を思い出す。。。。
あのときは、全然元取れてないやんってつっこむくらいお肉食べれんかったけど。OCTOBER festa行ったり、あすかちゃんのbdayパーチーしたり
楽しかったなぁって。


まぁ思い出話に耽るのもいい加減にして、
そろそろ卒論に取り組みたいと思います。
uma

fas

スポンサーサイト
11 : 32 : 17 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
American jokes
2006 / 10 / 25 ( Wed )
hs




American joke


i heard that two jokes .

one is like that...

the person who can speak two languages is bilingual.

the person who can speak three languages is trilingual.

the person who can speak many languages is multilingual.

the person who can speak one language is American.





and second one.

god comes to Adam, in the Garden of Eden,

and says to him:

"Adam, I have good news and bad news."

Adam relies:

"Give me the good news first."

"I will give you a brain, this will make you a brilliant scientist, a great mathmatician, and a spetacular philosopher. I also will give you a penis, and this penis will give you great pleasure."

Adam nods and says:

"sounds Awesome!! what's the bad news?"

God smiles and says:

"you can only use one at a time"





20 : 34 : 40 | Learning | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
confessions
2006 / 10 / 25 ( Wed )

d


最近人づきあいに疲れる。

むっちゃ気を遣ってるうちに

もうしゃべるのも疲れてきて、メールも電話も嫌になって

人に会いたくなくなってきて

家でテレビやDVDみて眠ったりすることが最高落ち着く。

もうひきこもり路線まっしぐらやけど。

そこまで気を遣う相手となんで関わる必要があるんだ?っていうかもしれないけれど

気を全く遣わない相手なんてありえないし

別にそれ自体はそんなにいやじゃないけれど


そこまで自分の中に踏み込んでほしくなくて

干渉されたくなくて

そこまで期待してほしくなくて

でも全部を切り捨ててしまうほどの勇気もない小心者で

身から出た錆っていうことなんだけれど


自分をそのままちゃんと分かってもらいたいって

なんでうわべだけで決めるの?

誤解されたままで自分を評価されるのなんか嫌だ。

分かってるって何で決めつけるの?

勝手に境界線ひかないでよ。



早くまた普通にもどったらいいな。

14 : 46 : 47 | Diary | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
はろうぃん
2006 / 10 / 20 ( Fri )

ha



最近、、

2年前の沖縄ふたたびということで
那覇市内を観光したり
ライセンスとってからじつに7年ぶりのスキューバダイビングしたり、夏の余韻を楽しんだ。


前いったときは、さおりに加えてなかのや、たえりん、松井ちゃん、かすみんと映画撮影とかして、むっっちゃ思い出深い・・・・ここはあのシーンが、音声が大変やった、セリフの内容や設定を思い返しては、懐かしさに浸ってみた。(みんなにまじ会いたい)


最近は友達の家にお泊まりしたり、DVD見たり、サークルのジャズパーティでブルーノート行ったり。

きょうはるみとまいとお茶して、22年間知られざる真実を知ってびっくりした。来週のゼミ14組の会をまたしようと意気込んでみた。

この前は河合っこ、あかね、りな、なおみ、ゆーの5人でごはんして、12月の河合旅行の話したり(ゆきやよしか、あゆも行けたらいいな☆☆)

あとは、生田神社や北野坂をカナダから来たmaxに案内してもらって、日本人として面目なしやったり・・・

ハロウィンパーティしたいな。。

京都や奈良の紅葉もみたいし。(家の近くにもあるけど)


遊びつかれて、たまにstressed outでこんなことじゃ働きだしてから本当に体力がもたないんじゃないかと、真剣に心配になったり、誰ともしゃべりたくなくなるくらい不安定で根暗になるけれど

学生最後の一瞬一瞬を噛みしめ中。。

fs

;l

ow

22 : 02 : 01 | Diary | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
宝庫
2006 / 10 / 19 ( Thu )
yy


ご趣味は?

-読書です。

と答えるくらい、本が好き。
まぁ言えば、インドア万歳ってな感じなんやけど

図書館や本屋さんにいたら、一日過ごせるくらい、本は楽しい。

ひきこもれるくらい。

何時間も一人黙々と活字を目にし、
時に笑い、時に涙し、時に感動に包まれ言葉も出ない。

電車の中で感動しすぎて泣いてしまい
隣に座っていたおじさんにびっくりされたことも。

私の人生の中で一番の情報源は本かテレビだと思う。
かなり影響されまくり。


ここ最近読んだ中では、

浅田次郎
渡辺淳一
林真理子
山田詠美
東野圭吾
有吉佐和子
赤川次郎
江国香織
吉本ばなな
司馬遼太郎

etc.

あとは、杉田かおるのエッセイや杉本彩の官能小説なんかも。


たぶん、年を重ねるごとに読む本や、好き嫌いは変わっていくと思うけれど、いまの私のお気に入りは

渡辺淳一と林真理子。

林真理子の小説は好き嫌いが激しいみたいだけれど
わたしはけっこうはまっている。

昔は山田詠美とか読んでたけど、いま読み返してみると、また昔とは違う印象を受ける。

赤川次郎は小さいときから読んでて落ち着く。

たぶん風邪ひいているときでさえ、読めてしまうほど読みやすい。


江国香織とか、吉本ばななとかは、みんないいって評判やからちょっと読んでみた。

東野圭吾も最近よく聞くし、あたしも読んで泣いたりする本のひとつやけど、推理小説は、ちょっと論理性に欠けるような気がして、現実ではそれはちょっと無理があるやろうと思ってしまう。



何はともあれ、新しい本、古い本、これからもいろんな人の作品を読んでみたいと意気込む今日この頃。
11 : 22 : 28 | Myself | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
沖縄海人
2006 / 10 / 14 ( Sat )
a



fs

11 : 34 : 44 | Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結婚の条件
2006 / 10 / 06 ( Fri )
bb


年齢
職業
年収

家族構成
居住場所

身長

スタイル
髪型、髪質
毛深さ
肌質

におい

趣味
教養、知性
教育、社会に対する考え

過去の恋愛関係、離婚歴
結婚観
セックスの相性
子供の有無


知らない間に、相手を見るとき
こんなことで判断するようになった気がする。

もう22歳。もうすぐ23歳。

まだまだ。かもしれないし。
もうすぐ。かもしれない。

結婚なんて、人生設計の視野には漠然と入ってたかも知れないけれど

本当に近い将来としてあり得ることとして 選択の一つ一つを迫られる年頃にさしかかるとは 夢にも思わなかった。

ましてや1年前の今では考えられなかったのが、ここ半年くらいで大きくまわりも自分も変わった気がする。



たとえば


32歳
会社役員
車はセルシオで
休日はドライブ。
趣味は食べ歩き。
教養もあって、話好き。
一人暮らしで家事全般ある程度こなせるが
そろそろ落ち着きたい年頃。

 「真剣に結婚も将来、考えているんだ」

25歳
高卒
会社員
実家通い
車はステップワゴン
子供好き
趣味はボード、アウトドア
一緒にいて気も合うし楽しい

 「いつまでもずっと側にいてほしい。家庭をつくっていきたい。」


もし仮に、こんなことがあったとすれば
もし本当に大好きな人、かつ信頼を100%おける人であれば

悩む必要もないと思うけれど

結婚は付き合うことの一線上だというけれど

やっぱり、どこか違う意義をもっていて

狡猾な計算が頭を過ぎる。

いままでは、それはドラマか何かの世界だと思っていたけれど、
現実にも 全然大様にしてありうるんだって、実感する。



実際、年収や学歴も
愛さえあれば関係ない、というのは嘘になる。
恋愛だけならまだしも、結婚という枠組みを考えると
今後の生活、人生がかかってる。

たとえば、どんな二人にとって困難があるかもしれない。

相手が転勤族
相手の親と同居
子供が欲しくない・産まれない
金銭感覚が合わない
介護、遺産の問題、トラブル


言い出したらきりがないけれど、
その中でも一番もめる原因で挙げられるのは

子供の教育問題
親、親戚、会社の人の人間関係
性格の不一致≒性生活の不一致

があると思う。

あたしは結婚の条件として、まずあげられる最低条件は

つまり、こんな人は絶対だめというのは

1.暴力をふるう(自分や子供に)
2.女性関係にだらしない(不倫、浮気、風俗、キャバクラに行く)
3.ギャンブル好き(パチンコ、パチスロ、競馬etc)
4.定職をもたない
5.お金にだらしがない(浪費家、友人の保証人になるetc)
6.喫煙者
7.気がきつい人(暴言を吐く、怒りっぽい、冷静さを欠く)
8.病気、健康でない人
9.前科、犯罪歴がある人



これは何があっても、何がどう転んでも結婚はできない。
当たり前、という人はいるかもしれないけれど、現実を見ると、全部クリアできるひとの方が断然少ないと思う。


あと、一つ言えることは、いくら能力が高く、優れて尊敬出来る人でも、私は結婚はできるだけしない方がいいと思う。

やっぱり、会社を運営していってたり、スポーツ選手や、芸術家、医者、弁護士、あらゆる面で優れている、秀でた才能がある人は

その面では1番であるかわり、結婚や恋愛の面では1番にはなりえないと思う。もちろん、そんな人の中でも、結婚生活を上手くやっていっている夫婦はたくさんいると思うけれど、
それはやっぱり奥さんの献身的な支え、陰の努力の上で成り立っているんだと思う。


もちろん、好きな人のために一生懸命サポートして、成果を共に享受するのは素敵なことだと思うけれど、私にはその人生の選択の可能性は薄いように思う。

やっぱり自分の人生は、自分が主役、自分が一番でないと
納得がいかないと思うし、
そういった他の面で一番になるひとは、何かすごい強いものが心の中にあると思うけれど、それぐらい気が強く、バイタリティがなければその道のプロフェッショナルにはなれないと思うけれど、

それは家庭生活の面でおいては、時にマイナス要因にもなると思う。
やっぱり、一緒にいて、安心感のある、心が落ち着いた状態を保てる家庭を目指すならば、何か他に才能がありすぎる人と結婚するのはどうかと思った。



そんなことを言っていると、結婚なんて妥協と勢いだけになってしまいそうでこわい。


本当の意味なんて、何十年先にもまだ見いだせてないかも知れないけれど、今している選択を、後悔だけはしたくないと思う。
09 : 07 : 37 | Love | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ciero azul
2006 / 10 / 03 ( Tue )
piano




i cant imagine that its already Oct... so early.
im goin to school excepy monday and teaching at cram school at night.

im enjoyin spanish and english classes but i think i have to study for Toeic and some FP stuff.

oh ya, i also enjoy hangin out w my friend and having a conversation. i went clubing or party and got to know many new people there.

last week, i was hanging out w my friend from NY and talking about how japanese culture is unique and sometimes strange.
like OMIAI, one marriage system which the parents decide who their children are goin to marry with. he really couldnt understand that system and felt that unfair and ridicurous. he said japanese women are really restructed by many stuff, like their parents, relatives, neighbors... i said its kinda old traditional things but he mention that its still remains. its kinda discrimination and sometimes women doesnt have much choice. they cant decide by therselves.

and he also mentioned about that some japanese girls are pretend to be a prude. thats really stupid. i think one of the reason is some japanese guys think girls should be pure, clean , and immature. sometimes i think they should be but sometimes i just feel weird and disgusting. its really fake and kinda scary.
i sometimes really have to consider about when and how can i hold his hands, kiss, touch and make love... so someimes i feel lazy so i don wana do anything cuz i just feel annoying and tired of thinking about it.

and we were talkin about the movie called Brohers, its like a sex and the city but its 4 black guys story. one of the guy was gonna divorse w his wife cuz she doesnt wanna give head to him. i was so surprised cuz with such a reason, they could separate and divorse. i mean i guess some of girls doesnt like doing blowjob. if he want to do it, i might do that for him but thats really not exciting event for me. its litteraly "job" for me. i know the sex is the most important issue btw the couples but its kinda very different aspects of "how the couple should be"

oh my god...its so tough to think about it.
16 : 32 : 28 | Love | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。