スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
love
2008 / 10 / 05 ( Sun )

究極の愛の形っていうのは何か分からないけど

愛した痕跡を残したがるのは人間の本能のひとつなのか?

他人には分からない場所に自分だけの跡形をのこすことへの快感はマーキングみたいなものなのかしら。

縛って、髪ひっぱって、首締めて、爪の掻き傷とか吸い痕に興奮する感覚は
分からないでもないけれど、「自分のもの」にすることへの高揚感はまだ理解出来づらい。

同性愛とかSMの世界ってどこかリストカットやタトゥと共通して
精神的な不安定さや自己の確立に問題があるように思うんだけど

極端な話、手術痕やケロイド的なものみたいに、相手を傷つけて自分の痕跡をのこそうとする
そうゆう愛し方は、生まれてきてから親や家族からちゃんと愛されてこなかったのかなって考えてしまう。

レイプのような暴力で無理矢理ねじ伏す感覚、される感覚は
スパイス的な感じで刺激を得るためのものと
それ自体にしか快楽を感じない性癖としてしまうかは
やっぱりどれだけ愛情を受けて育ったかによるのかな。





インリンの写真集の小説を読んで
そんなことを考えてしまった。
スポンサーサイト
21 : 37 : 42 | Love | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。