スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
水のように
2006 / 07 / 10 ( Mon )
ao



相手の背中から



肌の触れ合いから



すべてのことを感じようとして



自分の中に取り込みたくて









顔を見るよりも 肩越しにあなたを感じるときが



新たな空気を求めて



頬をよせて 目を閉じるときが



神経を一点に集中させて



何もかもが 帳消しにされて





現実から一瞬 身を置くことが出来る気がする。





相手の言葉を 注意深く聞き取りながら



自分の発するものを 受け止めてもらいたくて



必死になにかを掴みたくて 守りたくて。









名前を呼んで欲しくて



髪を触ってもらいたくて



愛おしそうに見る目が欲しくて





背伸びして大人ぶってみたり


無力な甘えた子供を演じてみたり





だけど そんなことは 結局のところ 自分にとっては無意味で



もどかしいばっかりだけれど





相手を感じられた瞬間



その幸せは 恍惚と私のまわりを取り囲み



私の中の潤いを 増していく。





スポンサーサイト
21 : 01 : 29 | Love | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<genki | ホーム | 手からの接触>>
コメント
----

美しい文章やなあ!!^^
いいなあ。わたしも彼氏が欲しくなってきたよ笑
by: saori * 2006/07/11 13:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

ありがとう。saoriも色々書いてみてな☆☆
by: azu * 2006/07/15 00:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://azzylife.blog60.fc2.com/tb.php/67-0114a914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。